大学の就職率について考える – 本当に就職率で大学を選んでいい?

受験生のみなさんは、ひょっとすると、就職率等で志望校を検討したりしているかも知れないが、はっきりいって、今の時代の就活は、企業に対してのかなり売り手市場(学生有利)になっている。

そのため、就職率というのは、就職できて当たり前の環境下ではあまり意味がない。

もちろん、2008年のリーマン・ショック後の大学生の就職率が相当落ち込んだときは、就職率が受験校を選ぶ1つの大事な指標であったことは否定できない。

しかし、これまで採用担当をしてきた経験からいうと、基本的に、就職活動を普通していれば、今の環境下では、間違いなく就職はできる。(ただし、高望みをしなければという条件付き)

なので、就職率というより、ぜひ、もう少し欲を出して考えてもらいたい。

就職率より卒業生の就職先の企業規模を確認しよう

では、いったい何を見ればよいか?ということになるのだが、その大学の卒業生が、企業規模が大きいところ、いわゆる大企業にどれぐらい就職しているか?というのが役に立つ。

こちらのデータを見ていただきたい。

こちらは国税庁の「平成26年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-」で公表されているデータであるが、企業規模別の年収データである。

企業規模 10人未満10人以上30人以上100人以上
平均年収330.6万390万386.1万417.7万

 企業規模500人以上1000人以上5000人以上
平均年収462.1万485.7万507.8万

このデータを見ると、企業規模が大きくなるにともない、平均年収も高額になるということが明らかである。

なので、上場している大企業が、就活で人気になっていることもうなずける。

給料の額だけで判断するのはどうかとも思うが、1つの大事な指標として考えれるのではないだろうか?

給料の金額は、生活していく上で多いに越したことはないのは、言うまでもない。

受験生には、まだ、ずいぶんと先の話になるのだが、転職のときにも、実は、企業規模が結構影響してくる。

一般論だが、転職でキャリアアップをしていく上で、自身が在職中の企業規模が大きければ大きいほど、年収アップを狙った転職がやりやすいと言われている。一方、小さな会社からは、ハードルがかなり高くなると言われる。

いろんな意見もあると思うが、国税庁のデータからも企業規模による年収の格差は明らかなので、もし、進学先の大学を決めようとか、就職活動をする際には、企業規模も考慮しておくことをおすすめする。

しかし、現実は、大企業にどれくらい就職しているか?などの詳細なデータは、あまり各大学のホームページでは、積極的に公表されていない。

しかし、ごく稀に公表している大学もある。もうお分かりいただけただろうか?

つまり、企業規模別の就職データを提供している大学は、卒業生の就職に絶大な自信があることの裏返しでもあるので、志望校として考えてみる価値が極めて高いといえるだろう。

スポンサーリンク
広告
広告