4年制大学数の推移 – グラフとデータで見る

<4年制大学数の推移>

大学数の推移グラフ

文部科学省学校基本調査を元にグラフ化

日本の大学数は、1988年の490校から年々増加し、2015年は779校にいたる。特に私立大学が著しく増加し、1998年は、357校だったのが、2015年には、604校となり、実に247校が増えている。(1.69倍増加) 18歳人口は、1992年の205万人をピークに、少子化が進み、2015年には、120万人に減少している。(0.58倍減少) つまり、少子化が進み18歳人口が減り続けているのにも関わらず、不思議なことに大学の数は増加の一途をたどってきている。

大学がここまで増えた理由は?

1988年から2015年の27年間に実に289校もの大学が新設され、特に私立大学に至っては、247校も増加してきている。 少子化といわれながらも、学校がここまで増えるに至る理由には、大学進学率の上昇が大きく関係している。(詳細は、こちらの記事を参照)   しかしながら、これからは、少子化の波には逆らうことも限界がくるだろう。 さすがに大学全入学時代と言われはじめた2009年頃からは、新設大学の数は減少し、今後は、大学の数は、横ばいもしくは減少に転じてくると想定される。 下記のデータは学校基本調査を基に作成

 国立公立私立合計
1988年9538357490
1989年9639364499
1990年9639372507
1991年9739378514
1992年9841384523
1993年9846390534
1994年9848406552
1995年9852415565
1996年9853425576
1997年9857431586
1998年9961444604
1999年9966457622
2000年9972478649
2001年9974496669
2002年9975512686
2003年10076526702
2004年8780542709
2005年8786553726
2006年8789568744
2007年8789580756
2008年8690589765
2009年8692595773
2010年8695597778
2011年8695599780
2012年8692605783
2013年8690606782
2014年8692603781
2015年8689604779

スポンサーリンク
広告
広告